だれにでもできる⁉バス釣り上達法その3

ブログ
スポンサーリンク

バス釣り上達法

初心者から中級者に向けてバス釣りの上達法をご紹介しているこのシリーズも三回目となりましたが、一回目は「釣りまくる」二回目は「メディアを活用する」でした。今回ご紹介する上達法は「考えて釣る」です。

上達法 その3

考えて釣るとは一体どういった事なのでしょうか?これを見た多くの皆さんは「考えて釣っているよ」と思うのではないでしょうか?しかし、その考え方は正しいでしょうか?自信を持って正しいと言い切れますか?間違った考えのままでは上達に繋がらないですよ。

考えて釣るとは?

そもそも、釣りをしながらどんなことを考えていますか?

ありがちなのは、ここにバスが居そう!とか、そこにはいつもバスが居るから投げてみよう!とか…ルアーに関しては、いつも使っているあのルアーで今日も釣れるかな?とか、次は昨日買ってきたあのルアーを使ってみよう!とかです。

上記は分かりやすいように内容を薄くしましたが、これらは一見考えているようで考えているとは程遠いですね。考えているというより思っているといった方がいいようなフワッとした内容です。

バス釣りにおいて考えるとはシーズナルパターンに基づいてバスを探すことです。つまり、この時期のこの状況ならあのポイント付近にバスは多いな!とか、この時期のこの状況ならこのルアーが有効になるな!と言った感じです。

一番大切なのは基本的なシーズナルパターン+当日の状況を見極める事です。それを基準にして考えながらバスを探していくのです。例えば「今日は昨日より冷えたからレンジが下がっているかも」とか「今日は昨日より暑くないからシャローがいいかも」と言ったように様々な予測を立ててバスに合わせていきます。そこで気を付けた方がいいのが、メディア等の外部からの情報です。

基本と現実

メディアを批判はしませんが、メディアに振り回されていたら上達のスピードは遅くなります…メディアは都合がいいものです。個人のブログやSNSもそうです。基本になるシーズナルパターンとその日の状況でバスを探しますが、メディア等はシーズナルパターンは合っていたとしてもその日の状況は多くの場合は違います。逆に、同じように釣れたらラッキーなだけでほとんど当てはまりません。釣り人あるあるですが、「昨日まで釣れてたのに~」が起きるのは当然でその日の状況次第で魚のポジションは変わるし魚の状況も変わってくるのです。自然を相手にしていることを忘れてはいけないという事で、現実をしっかり見極めて考えて釣っていく事が大切になります。

考えるべき要素

それでは何を考えながら釣りをしていったらいいのでしょうか?

上記したようにシーズナルパターンを基に魚を探し、その状況・その湖に合ったルアーをセレクトしていきます。それ以外は当日の気象的要素や湖の地形、ベイトフィッシュ等々…考えるべき要素はたくさんあります。

ただ好きなルアーで釣りたくて釣っていく人とシーズナルパターン等を考えて釣っていく人では違いが生まれます。それはシーズナルパターンを考えて釣っていく人は、パターンを考えているので正解が導き出された後は簡単に魚が釣れて行きます。好きなルアーで釣りたい人は釣れるまで投げ続けて、状況にハマれば連発する可能性はありますが、連発が終わったらその後また釣れない時間が長くなります。パターンを考えている人は同じポイントで釣れなくなったとしても、同じ条件の場所を探して再び釣りまくるでしょう。

考えるべき要素でもう一つ大切な事があります。それは、釣った後です。魚を釣った後に、今の魚はなんで釣れたのか?何が良くて釣れたのか?を分析します。そこで得た情報の中で可能性が高いものを試していくと、おのずと答えが出てきます。一匹釣ると非常に多くの情報が得られ、二匹目、三匹目で核心に変わっていきます。もし、好きなルアーや買ったばかりのルアーで釣りたいのであれば、これらの方法を使ってパターンが分かったうえで有効であれば直ぐに答えが出ると思います。

※この記事は魚を釣るという目的を最優先にして書いています。好きなルアーや釣りたいルアーを投げ続けるスタイルを否定するものではありません。バス釣りの楽しみ方は十人十色なので好きな方法で楽しめたらいいと思っています。

コメント