八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・晩秋に使うべきルアー編

八郎潟情報
スポンサーリンク

八郎潟を攻略

 

前回は晩秋の八郎潟で11月上旬に連発モードに入るのに必要なタイミングとエリア選択法、11月中旬以降の価値ある一匹に出会うにはどんなポイントが良いのか?という事を解説していきました。

 

今回は11月に使いべきルアーの考え方をご紹介いたします。水温の低下で釣れなくなる時期にはどんなルアーを使うべきなのか?そういった悩みや迷いをなくすことが価値ある1匹に繋がりますので参考にしてみてください。

八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・晩秋編

 

 

スポンサーリンク

11月の低水温期を攻略するのはこのルアー

 

11月に入って水温が下がり基本的にはあまり釣れない時期に突入しますが、そうなってからは釣れるルアーは限定されていきます。

 

低水温期と言えば、やはり【リアクション】の釣りが効果的になってきます。

 

そして、【喰わせ】の釣りはより一層難しくバスがセレクティブになっていますので、丁寧に・繊細にアプローチして動かしていく必要があります。

 

 

低水温期に有効な喰わせのルアーとは?

 

上記したように、低水温が進むにつれて喰わせの釣りはどんどんセレクティブになってきます。そんな状況でも有効になるのは【ネコリグ】です。

 

他の時期の攻略法にも出てくるネコリグですが、八郎潟での喰わせと言えばネコリグは圧倒的にストロング! とりあえず釣りたいという方はネコリグをやり込んでみると釣れる魚が極端に増えると思います。

 

 

なぜなら、八郎潟でのライトリグはしっかりコントロールできているか方が圧倒的に少ない…ただの一般的なライトリグではなく、八郎潟的なライトリグなのでそこがあまり理解できていないというのがポイントで、そこを考えてやり込めればシーズン中に釣れないまま帰宅…という事がなくなると思います。

 

 

 

【OSP ドライブクローラー】  【ZBC スワンプクローラー】

八郎潟でのネコリグはやはりドライブクローラーとスワンプクローラーが非常に実績が高いです。

 

セレクティブなバスに合わせるとなると、ドライブクローラーだけとか、スワンプクローラーだけと言う訳には行かず両方が必要です。

 

ドライブクローラーは基本的には5.5インチを使いますが、シルエットを小さくした方がいい時は4.5インチも効果的です。

 

ドライブクローラーとスワンプクローラーは太さが違うので水押し(波動)が違います。その違いが低水温期には大きな違いとなるので、その日の状況でどちらが有効になるのか?ローテーションしながら使ってみるといろいろなことが見えてきます。

 

 

シンカーのウエイトは0.9gをメインで使用します。しかし、風が強くて操作しづらい時は1.3gを使います。

 

0.9gを使う理由は、根掛かり防止と、バスに対していかにナチュラルに見せれるかという事を考えての選択です。

 

 

低水温期に有効なリアクションのルアーとは?

 

リアクションの釣りで使うルアーは2種類あります。

 

【ジャクソン フローシャッド】 【ジャクソン リアクションボム】

 

両方ともジャクソン製品になってしまいましたが、この二つのルアーはジャクソン製品の中でも特に素晴らしいルアーで、他のルアーでの代用は難しいですし、11月の八郎潟での実績がとても高いルアーです。

 

フローシャッドとリアクションボムはどちらもリアクション要素が高いルアーなのですが、リアクションの強さと使用方法が異なります。

 

フローシャッドとリアクションボムを比べた際、フローシャッドは線の釣り、リアクションボムは点の釣りです。

 

フローシャッドはボトムに当てて巻き続ける事でリアクション効果を発揮しますが、リアクションボムはショートピッチのリフト&フォールで存在感の明滅がリアクション効果を発揮するので、同じリアクションの釣りでも全く異なる存在です。

 

 

低水温期のルアーローテーション

 

 

私が実際に行っていたルアーローテーションは【ネコリグ】⇒【フローシャッド】⇒【リアクションボム】の順番です。

 

バスが喰わせの釣りで釣れるようならネコリグのワームローテーションで喰わせる事が可能ですが、季節が進み喰わせに反応しづらくなると、フローシャッドやリアクションボムのリアクションが有効となってきます。

 

フローシャッドの場合はリアクション効果と説明していますが、喰わせとリアクションの両方の要素を持っているので、実際は初めからネコリグにプラスしてルアーローテーションに入れて攻めていきます。

 

11月中旬頃まではネコリグとフローシャッドのみで攻略可能ですが、水温が下がるにつれてどちらにも反応が悪くなっていきます…そうすると点でリアクション効果が発揮できるリアクションボムが有効になります。

 

 

簡単に言うなら、ネコリグとフローシャッドで釣れていたけど釣れなくなったからリアクションボムを使おう!といった感じでOK。

 

まとめ

11月に入ると、釣れるルアーはどんどん少なくなっていきます。

シーズン中に釣りまくっていた4インチシュリンプも効果的では無くなるほど…しかし、重要な要素を理解して攻略していけば多くのルアーの中からどれが効果的なんだろう?と悩まなくて済みます。

 

バスがどこに居て、どんな状態なのか?どんなものを捕食しているのか?これらをシンプルに考えることでルアーと釣り方が絞り込めます。

 

私は11月以降の厳しい時期には本当に上記のルアーしか使いません。なぜなら…それが当時の私のベストな答えだったからです。

 

知識や経験から絞り込んだポイントで、絞り込んだルアーを投入する。その際には「これでいいのか?」と言う不安や疑問よりも「これで釣れる」「これで反応が無ければあのルアーなら釣れる」といった確固たる自信をもって釣りをすることが大切で、それが価値ある一匹に繋がっていくのです。

 

今回ご紹介したルアーを参考にしていただき、ゲーム性MAXの楽しすぎる晩秋の八郎潟を攻略して頂けたらと思います。

 

 

コメント