引き出しが少ないから釣れない?バス釣り上達法その6

ブログ
スポンサーリンク

バス釣り上達法

バス釣りはその日の状況に合わせてルアーをセレクトしていきますが、知識や経験が豊富な釣りが上手い人達は適材適所でルアーのタイプやカラーを変えていきます。いわゆる引き出しが多いというやつですね。逆に、引き出しが少ないから釣れないという人もいますが、この場合は引き出しが少ないことは理解しているものの、手持ちの引き出しが本当に機能するものなのかは謎です…今回は引き出しの増やし方をご紹介いたします。

引き出しを増やす

そもそも引き出しを増やすということは、得意な釣りを増やすことにも繋がってきます。そこから様々なリグやルアーの特性を知っていき適材適所に使いこなせるようになるとどんどん引き出しが増えてきたと実感すると思います。

引き出しの中身を整理しよう

まずは、あなたが持っている引き出しの中で、あなたにとって柱となる引き出しを作っていきます。

考えてみてください。あなたはどのルアーのどんな釣りで魚を釣ることが多いですか?

そのルアーのその釣りはどんな状況でもある程度の釣果が得られますか?

とは言え、バス釣りの場合は、どんな状況でも釣れるという釣りはほとんど無いので、釣れない時に頼れるルアーや釣りが有るかが重要になってきます。皆さんはありますか?

例えば、スピナーベイトが好きな人が居るとします。その人は釣りに行けばまずスピナーベイトを投げますが、釣れなくなると4”ヤマセンコーのノーシンカーを投げます。それでも釣れないと、スピニングで2”ヤマセンコーを投げます。

このように、どんどんフィネスな釣りになっていく人がほとんどですがこの場合に重要になってくるのが、2”ヤマセンコーの釣りが得意かという事です。得意ではないけれどルアーを小さくすればとりあえず釣れると思ってやっているという場合は、ルアーの力で釣っているだけで釣ったというより釣れたという感じ…これではその後に繋がりません。

得意な釣りを作る

上記の様にどんどん釣りがフィネスになっていく時に、最終的にこの釣りで釣れなかったら今日は釣れない!と言える釣りを確立させることが大切です。

最終的に頼る事が出来る釣りが有ることによって、その釣りで釣ったバスから様々な情報が得られるのでその後の展開がいろいろと広がっていくのでの柱となる引き出し(釣り)を作ることから始めます。

最もバスが簡単に釣れるリグ

それでは、どうやって得意な釣りを作っていくのか?具体的なものを挙げると、簡単なのはダウンショットリグやネコリグです。ノーシンカーも良く釣れるリグなのですが、風が強い場合や水深が深い場所では扱いづらいので、シンカーの重さで調整できるダウンショットなどのリグが良いと思います。

なぜダウンショットとネコリグををすすめにしたかと言うと、この2つのリグは基本的にシェイクをして動かすことと、どのレンジでも操作が可能だという事です。

まず、シェイクですが、実はかなり奥が深い技術で、多くの釣り方に応用できる技術でもある為、バス釣りをしている方のほとんどがマスターすべきだと思います。しかし、たかがシェイクと思っている方も多いと思いますが、実はちゃんとシェイクが出来ている方の方が少ないのが現実です!ほとんどの方はシェイクの意味が分かっていないので私のガイドでは基本的な原理と、魚を釣る為のシェイクをレクチャーしています。

次に、どのレンジでも動かせるということですが、両リグとも基本的にはボトム付近で使用します。しかし、状況に合わせてミドストのように中層のバスを攻略する事にも使えるので万能です。

最もバスが簡単に釣れるリグをマスターする方法

ダウンショットとネコリグがおススメなのですが、これらのリグは非常に良く釣れるリグです(シェイク出来れば)。これらをマスターするにはどうすればいいのかと言うと、とにかく投げまくるしかありません!とにかく釣りに行って投げる事が上達法だという事なのですが、それでは飽きてしまいますよね…飽きずにできる方は一年間このリグだけを投げまくるとリグの特性だけではなくリグに合ったルアーの種類や特徴などが分かりかなり多くの事が身につくと思います。

一年間同じリグを投げるなんて言うことは現実的では無いのでそんな場合は、いつもダウンショットかネコリグを持っていき、ルアーローテーションの中に頻繁に組み込むといいです。

引き出しを増やすには

ダウンショットやネコリグをマスターしたら引き出しを増やすことは簡単です。なぜなら、ダウンショットやネコリグをマスターするまでの期間に多くのバスを釣っているはずで、それと共に様々な動作がしっかり身についているはずです。ルアーの操作方法やラインの捌き方、ルアーを通すコースなどが見えてきているので、新たに覚えようとしている釣りのイメージが付きやすく、理解度は格段に上がっています。その為、初めてやった釣り方や、初めて使ったルアー、今まで苦手だった釣り方でも釣果が出やすく自分のモノ(引き出し)になっていきます。

もし新しく覚えたい釣りや初めて使ったルアーで釣果が出なくても、柱となるダウンショット等で実際に釣ってみてパターンを構築していけばそのルアーや釣り方が今の状況で有効なのかが分かるので次につながるという事です。

例えば、21gのフットボールジグでボトムをずる引きするものの反応がない状況で…次に1.8gのダウンショットを使用するとフォール中にバイトがありました。この場合推測されるのは、①ボトムでエサを喰っていない②バスが何らかの影響で浮いている③ベイトフィッシュを捕食している?などです。この状況であなたはどうやって次の魚を釣りますか?

フットボールジグのフォールスピードを遅くして釣ることも出来ますし、中層をより効率よく釣るルアーは何かを考えることも出来ます。ここで引き出しの数が釣れるバスの数になってくるという事です。

柱となる釣りが有るからこそ次の展開が見えてくるし、様々な予測や創造が出来、必然と引き出しの数がどんどん増えていくのです。

だれでも始められる⁉バス釣り上達法その5
だれにでもできる⁉バス釣り上達法その4

コメント