必要と感じたものとは?

ブログ
スポンサーリンク

欲しいものと必要なもの

「無駄遣いを減らすタックル購入法」を前回まで書いてきましたが、今回は今現在の私の欲しいものと必要なものをご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

魚を見るために

私が今欲しいも必要なものはガーミン社のライブスコープです!

多くの人は予想できたのではないでしょうか?

私としては、ライブスコープは話題になり始めた当初は欲しいけど必要なのかな?という感じでした。

簡単に言うなら60万円以上を出してまで買う必要があるのか分からなかったのです。

価値を見極める

ウルトレックスを導入する際も同じことを思っていました。自動停泊機能付きエレキに40万円の価値があるのか?40万円出してまで導入する必要があるのだろうか?

前回までのタックルの話よりも金額が大きくなるとわかりやすいと思いますが、買ったものの…という事を考えてしまいますよね。

ちなみに、ウルトレックスを導入する事は桧原湖でガイドサービスを始めるにあたって、可能な限りゲスト様に快適な釣りをしてもらいたいと思ったので導入しました。このように、欲しいけれど本当に必要なのかを考えて、必要だと思ったら購入する!この事で無駄な買い物を減らしています。そして、今欲しいライブスコープは…

昨シーズン小森さんと一緒に釣りをする機会があったのですが、小森さんのボートのはもちろんライブスコープが搭載されていて、バスがどの方向に居るのかを高次元で理解して釣っていました。バスが泳いでいく方向やおおよその数が分かった状態で釣りをして、実際に釣っていくのは新感覚…

しかし、誰にでも簡単に使いこなせるようなものではないようで、そういった意味でも出来るだけ早く導入して使いこなせるようになれば本当に大きな武器になるという事を体験したので、私の中でライブスコープは「欲しい」から「必要」になりました。

ライブスコープ高すぎる…

私の場合は、そうは言ってもライブスコープとローテーターを買う資金力は無いのが正直なところ…

トッププロとその他の人との装備品の差がどんどんかけ離れているという現象が少し前に話題になっていましたが、トッププロの1艇あたりの装備品で中古のバスボートが買えちゃうレベル…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Panoptix LiveScope システムトランサム/エレキマウント
価格:330000円(税込、送料無料) (2020/1/22時点)

まとめ

今回のまとめは、欲しいものが必要なものになってもお金がなくちゃ買えないのでその為に頑張って働こう!と言う現実的な話です。(笑)

ローンと言う選択肢もあるか…

無駄遣いを減らすタックル購入法その3
バス釣り上達法シリーズ

コメント