皆さんはバス釣りが上手くなりたいですか?その1

ブログ
スポンサーリンク

バス釣りの上達法

バス釣りをしていれば誰しも「もっと釣りたい」「もっと大きいのが釣りたい」「上手くなりたい」と思うでしょう。しかし、一体どうすればバス釣りが上達するのか?この問いはガイド中などにも良く聞かれることがあります。

実は、上達する方法はたくさんありますので、私が紹介する方法をその人に合ったもので試してみるといいと思います。

スポンサーリンク

自分のレベルを知る

上達法をご紹介する前に、まずは自身のレベルが分からなければいけません。初心者なのか中級者なのか上級者なのか?上級者の方は自分のスタイルがあると思いますのでこの記事は読まなくても良いと思います(そもそも私のブログは基本的に初心者から中級者向けに書いています)。

実は意外と自身のレベルを知るのはちょっと難しいです。なぜなら、地元では上級者!と言うパターンがかなり多いからです…地元のため池や川では一番上手い!誰よりも釣る!と言う方は、各エリアに居ます。小規模なエリアなら通っていれば一番になれる可能性は高くなりますが、そういった方が、いざ他の湖、しかも大規模な湖に行った場合にいつも通り釣れるか?ここで初めて自分の実力が分かるのです。

ヒューマンあるある

私はヒューマンアカデミーの卒業生ですが、学生の頃とある先生から聞いた事がある話で、「新入生の多くの人が直ぐに鼻を折られる」というのです。これは上記したように、地元で一番の釣りウマが集まってくるものの、本当に上手いのはごく一部なのでその他の人は現実を知ってしまうという事です。

自分を知ることが成長に繋がる

当然ながら、どんな世界でも上には上がいるのですが、近くに自分より上手い人が居なくてはなかなかそれを知ることが出来ないのは私も感じていました。しかし、自分は思っているよりも上手くないと自覚することが大切で、まだまだ上手くなれる要素があるという事を意識することが成長に繋がると思います。

上達法 その1

バス釣りは簡単に言うと、その時期に応じてバスが居るポイントを探し、その時に合ったルアーを投入して釣ります。

『その時期、その時のバスに合わせてパターンを構築して釣ります』

パターンフィッシングと言うやつですが、このパターンを見つけるのは初心者にとっては至難の業…初めは深く考えることはないと思います。あまり考えすぎて勝手にバス釣りを難しくしてしまうのは良くないのでシンプルに考えた方が良いです。

釣りまくる

実は重要な方法の一つで『とにかくバスを釣りまくる』これが重要です。釣れないから上達法が知りたいんだ。と思うかもしれませんが、ここでいうバスを釣りまくるというのは、サイズを問いませんし、場所もどこでもいいです。管理されたバスの釣り堀でもいいですし、15センチのチビバスでもいいのです。

意外とこの「釣りまくる」というのはやってみると難しいです。チビバスならいくらでも釣れるため池があるとします。ひたすら釣りまくっていると、急に釣れなくなります…なぜなら、バスも学習するし、同じルアーで釣れる状況ではなくなってくるからです。ここで、釣り人は釣れなくなった原因を考えます。そしてルアーの動かし方やカラー、ルアーのサイズをいろいろと試し始めますが、ここで再び釣れ出したら中級者かもしれません。初心者の人はなかなか答えにたどり着けないと思いますが、それでもいいと思います。考えて釣ることが大切という事なので、こう言った経験値の積み重ねが上達に繋がるのです。

魚を釣ることを覚える

実は、バスを釣りまくることの本当の重要性は上記のモノではありません。魚を釣り慣れていない人には共通点があります。それは、フッキングからキャッチするまでの動作が全然出来ていないのです。フッキングにはタックルによって力加減がかわり、アワセる方向や角度も状況に応じて変わります。フッキングが決まった後のロッドワークも重要でしっかりラインのテンションをかけ続けることの重要です。ランディングする際もハンドランディングの場合でも抜き上げる場合でも、ネットで掬う場合でもロッドの角度が重要でこの時にロッドが折れる場合が非常に多いです。

これらの動作は、魚を釣りまくって体で覚えるしかありませんが、意識しないとなかなか出来ません。バラしが多かったり、ランディングの際にロッドを折ったことがある方はこれらの動作が出来ていない事が多いです。

中級者の方も出来ていない方が非常に多いので私のガイドではこういった基本的な動作を見直すこともやっています。

自分の動作なので自分ではなかなか気づけないのですが、意識しながら魚を釣りまくることで基本動作を身に付けることが出来ます。

コメント