JB ジャパンスーパーバスクラシック2021優勝は誰の手に?

JB
スポンサーリンク

クラシック2日目の結果

 

昨日のクラシック1日目は、朝からの爆風で思うような釣りが展開できなかったという情報もあったのですが、今日は朝から晴天無風のサイト日和?だったようで、昨日とは違った結果になるのでは?という予想の下で大会が行われていました。

 

そして本日2日目の結果はコチラ!

2022年 ジャパンスーパーバスクラシック2日目成績表| NBCNEWS
2022年04月09日(土)〜04月10日(日)山梨県河口湖で開催されたジャパンスーパーバスクラシックの2日目成績表

 

トップウエイトは黒田君の2,558gで、単日2位はカトウ的優勝候補筆頭だった青木君で、単日3位にJB桧原湖の木戸君!

 

2日目にウエイインしたのは50人中18人で、複数匹ウエイインしたのは単日8位の早野君のみ…その他のウエイインした17人は1匹でした。

 

2日目は状況が変わってもう少し釣れるのかも?と思ったのですが、難しい状況には変わりなかったようです。

 

野村さんの連覇で幕引き

 

昨日の結果を見ている方は、2日目の結果を見て直ぐに野村さんの優勝が分かったと思います。

JB ジャパンスーパーバスクラシック2021初日結果
JBクラシック初日の結果 4月9日10日に行われてるJB ジャパンスーパーバスクラシック2021(河口湖)ですが、

 

初日が終わった時点で1位の野村さんと2位の佐々君との差が2,171gで、2日目の佐々君ウエイトは2,144gと昨日のウエイト差を埋める事が出来ないまま野村さんがクラシック2連覇を達成しました!

2022年 ジャパンスーパーバスクラシック総合成績表| NBCNEWS
2022年04月09日(土)〜04月10日(日)山梨県河口湖で開催されたジャパンスーパーバスクラシックの総合成績表

初日の野村さんのビッグウエイトは58㎝3400gが1匹入ってのウエイトだったそうで、河口湖のポテンシャルを見せつけられましたが、一方で、今日の2日目に同じようなバスを釣った選手が逆転優勝か?とも思ったのですが、今回は初日のまま野村さんが優勝で2021年のクラシックが終わりました。

 

上位の選手がどんな釣り方かはまだ分かりませんが、先週のJB TOP50遠賀川戦で3位の佐々君と4位の青木君は2週連続でお立ち台に立っていて、そちらも興味深いですね。

 

JB桧原湖から参戦した深谷さんは残念ながらノーフィッシュでしたが、木戸君は総合で9位でした!二人ともお疲れ様でした。

 

2022年のクラシックは11月5日6日に開催予定となっていますので、今シーズンこそ私も出場権を獲得して河口湖で戦う事を目標に今シーズンも頑張ります。

 

※画像はJBのホームページより