ダウンショットのおすすめロッドをご紹介いたします

タックル
スポンサーリンク

ダウンショットのロッド

 

今回は桧原湖で使用するダウンショットのロッドでのおススメとなぜそのロッドが良いのかを解説していきます。

桧原湖用のダウンショットのロッドを選ぶ際の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

水深に合わせたロッド選び

 

初めに、私が桧原湖でダウンショット用として使用しているロッドをご紹介いたします。

★ブラストビーツBBS-511XL-AS

★ブラストビーツBBS-64L-XLST

★バスタードBTS-631XXLST

 

上記の3本のロッドは水深によって使い分けていきます。

 

上からブラストビーツBBS-511XL-ASはシャロー。

ブラストビーツBBS-64L-XLSTはミドル。

バスタードBTS-631XXLSTはディープ。

 

桧原湖の場合は季節が進むにつれて深い場所を釣っていく傾向がありますが、それに合わせてロッドも変えていくと釣果も安定します。

 

 

シャロー用は【ブラストビーツBBS-511XL-AS】

 

このロッドはオールソリッドのロッドで桧原湖で非常に活躍するロッドなので、多くの記事でご紹介していますが、シャローのダウンショットでも使用します。

 

このロッドをシャローで使用する理由はいくつかあるのですが、このロッドのすごいところは気を抜いていても魚が掛かるロッドだという事!(笑)

 

 

オールソリッドのロッド特有なのですが、チューブラーのロッドと比べて反発力が低い為、バイトがあってバスがルアーを咥えて引っ張った時にロッドが低反発のまま曲がってくれるので違和感を与えづらく、そのままフッキング!

 

フッキングに慣れていない初心者やお子さんにとても有効なロッドです。

 

 

この特性をシャローのダウンショットに生かすのですが、シャローで釣りをする際によくありがちな事の一つに合わせ切れなどのラインブレイクがあります。

桧原湖のようにラインがフロロの2lbか2.5lbをメインに使用していると起きますが、瞬発的な力に弱いフロロに対して、瞬発的なスピードがあるスモールマウスバス…相性は良くないですよね。

しっかりスイープにフッキングすれば合わせ切れなども減るとは思いますが、リールから出ているラインの長さを考えると反発力の強いロッドでは不利ですね。

 

 

補足ですが、シャローの場合リールから出ているラインは短くなって切れやすくなるという現象は、ラインが長いほど伸びしろがあるから切れづらくなるという事です。

 

フロロでも手で引っ張れば分かりますが、結構伸びます。10センチの長さのラインと50センチのラインでは長い分50センチのラインの方が伸びしろは長くなります。

ナイロンとフロロを比べた際にナイロンの方が伸びます。伸びしろがある分ナイロンの方が同じ力で引っ張た際に切れるまでの時間が掛かるのと同じ原理です。

それが瞬発的な力が掛かるシャローのスモールが相手だとより顕著に表れると考えます。

 

 

上記の様な事を考えた結果ブラストビーツBBS-511XL-ASはシャローのスモールに非常に向いているという結論に至りました。

更にネコリグのロッドの解説でも書いたように、オールソリッドのロッドはバスの引きに応じてしっかり曲がって追従する為、バスに主導権を与えないのでとても有効なロッドです。

 

 

 

ミドル用は【ブラストビーツBBS-64L-XLST】

 

このロッドはエキストラファーストのソリッドティップのロッドでソリッド部分はXLなので柔らかめで、ベリーからバットにかけてはLなのでティップと比べて硬めです。

 

このロッドをなぜミドルで使用するのかと言うと、ミドルレンジになるとフッキングパワーが必要になるからです。

私がシャロー用で使うオールソリッドのロッドの場合は、力が加わるとロッドが曲がってしまう為、水深が深くなりラインが長く出ることで、こちらから掛けに行った際に意図したタイミングでパワーが伝わりづらくなります。(オートマチックに掛かるのは同じですが)

 

 

簡単に言えばBBS-511XL-ASよりも掛けに行けるロッドがBBS-64L-XLSTで、大きな違いはベリーからバットにかけてのパワーということです。

 

ティップは繊細なソリッドティップなので、ショートバイトも弾くことが少なく、その後もベリーからバットにかけてパワーがあるのでしっかりフッキング出来ます。

 

桧原湖においてBBS-64L-XLSTはミドル~ディープの釣りで有効なロッドなのでそれに加えて、シャロー用のBBS-511XL-AS、基本的にはこの2本があれば問題ないと思います。

 

ディープ用は【バスタードBTS-631XXLST】

 

このロッドは少し特殊なロッドでエキストラファーストのソリッドティップで、ソリッド部分がXXLとかなり柔らかロッドです。

 

ブラストビーツBBS-64L-XLSTでもディープの釣りは問題なく出来るのですが、より快適に、より確実にディープのバスを獲るために使うのがバスタードBTS-631XXLSTです。

 

ディープの釣りになると柔らかいロッドだとなかなかフッキングしませんし、すぐにバレてしまったりします。おそらく多くの方が経験していると思いますが、それを解消するのがショートレングスのエキストラファーストテーパーのソリッドティップロッドです。

 

ロッドが短くなれば、フッキングのパワーが伝わりやすいのは想像がつくと思いますが、ディープの繊細な釣りではロッドの長さが1インチ違っただけで大きな違いになります。

 

特に、秋からシーズンオフまでの間は、アタリも小さくショートバイトが多くなりがちですが、そういった時に短めのロッドならアタリを感じてからフッキングまでの時間は短くできるので意図したタイミングのフッキングが可能になります。

 

 

ディープのショートバイト対策は、柔らかいエキストラファーストのソリッドティップが効果的で、ベリーからバットにかけてもしっかりパワーがある短いロッドが良い!そこで私のチョイスはバスタードBTS-631XXLSTなのです。

 

 

まとめ

 

今回のダウンショット用のロッドの解説のまとめとしては、レンジ深くなることでフッキングパワーが必要になってくる事とを考えてロッドを選ぶといいという事です。

 

シャローではフッキングパワーよりもバスを獲るために必要な事を考えて、ミドルからディープではそのレンジで必要なロッドのパワーを考える。

同じダウンショットのロッドでも状況に合わせたロッド選びは必要で、それをすることが釣果に直結すると考えています。

 

 

今回の内容は他のメーカーのロッド選びにも参考になると思います。

どういったシチュエーションで釣りをする為のロッドなのかを考えれば必要なスペックは見えてくると思いますので参考にしていただけたらと思います。