バス釣りにおすすめのリーダーとは?

タックル
スポンサーリンク

元釣具店スタッフがおすすめするバス釣りに使うリーダーとは

 

バス釣りでもリーダーを使う場面がありますが、バス釣り専用のリーダーはほとんど無いので何を選べばいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか?

 

リーダーなんてリールに巻いてあるメインラインを切って使えばいいじゃないか…とか、リールに巻いたラインのあまりでいいんじゃない?言う方もいます。

しかし、リーダー用のラインがメインラインとは別に存在している意味があります。なぜリーダー用のラインがあるのか?その特性を理解すればリーダー用のラインの必要性が分かるでしょう。

 

スポンサーリンク

リーダー用のライン特徴

 

まず、リーダーは何のために付けているのかを考えてみますが、多くの場合はPEラインの先にリーダーを付けるのでその事を考えると分かりやすいと思います。

 

リーダーはPEラインのデメリットである耐摩耗性(根ズレ)の弱さを解消するのが大きな目的となります。

という事は、ナイロンよりもフロロの方が耐摩耗性(根ズレ)が強いのでフロロのリーダーがバス釣りには向いています。

 

次に、リーダーに必要な要素は結節強度の強さです。リーダーはメインライン側とルアー側の2か所で結節部を作るのでその結節部の強度は必ずに必要になってきます。

 

またリーダー用のラインの特徴として、コンパクトな点があります。小さい薄型スプールに巻かれているので、オカッパリの方でも持ち運びが楽で邪魔になりません。

 

リーダーよりハリス!?

 

大きな要素として、【耐摩耗性の強さ】【結節強度の強さ】この2点に特化して作られるのがリーダーです。

 

とあるラインメーカーの営業さんに【リーダーで使う場合に一番強いラインは何か?】という事を聞いたことがありました。

 

すると、【磯釣り用のハリス】が『一番良い原糸を使っているから一番強い。耐摩耗性の強さはもちろん、コーティングも強い』と言っていました。

 

確かに、磯釣りは根ズレしまくりなイメージ(やったことが無いので分かりませんが…)。

となると、ショックリーダー用のラインよりもハリスとして売られているラインの方が、強いという事になります。

 

それじゃあハリス用のラインを買おう!と思ってもハリス用のラインには一つデメリットがあります。バス釣りの方はハリス用のラインを買おうと思った事があまりないと思いますが、実はハリス用のラインは高価なのです。

 

例えば、クレハ社の【シーガー グランドマックス】というハリスがありますが、最高クラスに素晴らしいハリスでおススメなのですが、【1号・60m・3,200円】です。

60mで定価3,200円は高いですね~。

 

しかし、価格が高いだけではなくその分強いのがグランドマックスでして、一般的にフロロカーボラインは結び目無しの単純な引っ張り強度で【1号で4lb=2㎏】くらいが平均的な強さですが、グランドマックスの結び目を作った状態の結節強力【1号で1.8㎏】

通常、フロロカーボンラインの結節強力は直線強力の60%~80%ほどです。

 

グランドマックスが非常に強いというのが強調されていますが、ハリス用ラインがいかに結節強力が強いかが分かっていただけたでしょうか?

 

ちなみに60m巻きは少ないような感じがしますが、リーダーなので一回に1m使っても60回。一回に60㎝使ったら100回分使えます。使用頻度にもよりますが、普通の人なら1シーズンは持つと思います。

 

 

リーダー用のラインは

 

ハリス用のラインは高価なものから安価なものまでありますが、リーダー用のラインはハリスと比べて巻き量が少なく30m巻きがほとんどな為、ハリス用ラインほど高価でなないのでおススメです。

 

例えば、ラパラジャパン社の【ラピノヴァ フロロ カーボン ショックリーダー】は1号30m巻きで価格は600円~700円前後で購入できます。

 

その他のメーカーでもルアー用のショックリーダーとして売られているものは500円~1,000円前後で購入できるものが多いので、あまりリーダーを使う頻度が高くないという方は低価格のリーダーがいいと思います。

 

低価格とは言え、30mで700円だとして、100mにしたら約2,333円なので良いフロロカーボンライン並みの値段ですよね。つまり、リーダー用のラインも良い原糸を使って良いコーティングがされているのかが分かると思います。

 

コメント