フロロカーボンラインのメリット・デメリット

ライン
スポンサーリンク

フロロカーボンラインとは

 

バス釣りに使用するラインで、最も多く使われているのがフロロカーボンラインです。

フロロカーボンラインはバス釣りのあらゆる場面でそのメリットが活かされているので、その他のラインより使用頻度も多く、多くのアングラーのメインラインになっています。

 

この記事では、そんなフロロカーボンラインのメリットとデメリットを見直すことで、今後のライン選びや、実釣に約立てて頂けたらと思います。

 

スポンサーリンク

フロロカーボンラインのメリット・デメリット

 

【メリット】

★伸びが少ない
★感度が高い
★耐摩耗性が高い
★ナイロンほど劣化が早くない
★比重が高い(ボトムの釣りに向いている)

★水中でラインが見えづらい

 

【デメリット】

▲硬い(リールへの糸馴染みが悪い)
▲伸びが少ない

▲ナイロンほど直線引っ張り強度が強くない
▲比重が高い(トップの釣りに向かない)
▲ナイロンと比べ価格が高い

 

フロロカーボンラインのメリット

 

伸びが少ない・感度が高い

 

フロロカーボンラインはナイロンラインと比べて伸びが少なく、引っ張った直後の初期伸び率が低いことからナイロンラインよりも感度が高くなります

フロロカーボンラインは全く伸びないと言う訳ではない為、魚とのファイト中にはしっかりショックを吸収してくれます。

 

耐摩耗性が高い・劣化のスピードが速くない

 

フロロカーボンラインはライン自体が硬い為、ライン表面にキズが付きにくく、根ズレに強いため耐摩耗性が高いと言えます。

劣化のスピードについてもナイロンラインのような吸水性が無い為、ナイロンラインほど劣化を気にすることもなく使えます。

このような特徴からストラクチャー周り等の釣りに向いていると言えます。

 

比重が高い・水中でラインが見えづらい

 

フロロカーボンラインの比重は1.78です(ナイロンは1.14)。比重が高いという事は、ラインが沈むスピードが速くなるので、この特徴を活かしたボトムの釣りには有効になります。

 

フロロカーボンラインの屈折率は1.42です(ナイロンは1.53)。水の屈折率が1.33と近い為、フロロカーボンラインは水中で見えづらくなります

魚がラインを見えているかに関しては様々な意見があると思いますが、見えているとしたら、フロロカーボンラインの方が見えづらくなっているという事です。

 

フロロカーボンラインのデメリット

 

硬い・伸びが少ない

 

フロロカーボンラインは硬いので表面にキズが付きづらいことがメリットですが、一方でラインが硬いことにより、リールにラインを巻いた際に糸馴染みが悪い為、トラブルの原因になりやすくなります。

ある程度のテンションを掛けてラインを巻かないとリールに馴染まない事から、軽量のルアーを使用する際は要注意です。こういった事からビギナーにはフロロカーボンラインよりも柔らかくトラブルの少ないナイロンラインのほうが扱いやすいのでおススメです。

 

ナイロンラインと比べて初期伸び率が低いことで感度が高くなるフロロカーボンラインですが、初期伸び率が低いことで瞬発的な力に弱くなってしまいます

つまり、アワセ切れの可能性が高くなってしまうのがフロロカーボンラインなので、使用しているラインの太さとアワセの入れ方を注意する必要があります。

細いラインを使っているなら、ゆっくりスイープにアワセを入れることでアワセ切れを防ぐことが出来ます。

逆に言えば、フロロラインを切りたい時はゆっくり力を入れるのではなく、一気に引っ張れば簡単に切れます。

 

 

ナイロンラインよりも直線引っ張り強度が弱い

 

 

ナイロンラインと比べ直線の引張強度は弱いフロロカーボンラインですが、この強さは何もストラクチャーが無く根ズレなどの影響を受けない場合です。

つまり、実際の釣りにおいて、耐摩耗性に優れたフロロカーボンラインはキズが付きにくく耐久性がある為、大きなデメリットとはならないと考えていいと思います。

 

比重が重い・価格が高い

 

比重が重いことはメリットでもあり、デメリットでもあります。ラインを沈めたい時には有効なのですが、沈めたくないトップウォーターの釣りなどには向きません。

 

価格については、ナイロンラインと比べフロロカーボンラインは高くなってしまいますが、ナイロンラインは劣化が早いので頻繁な巻替えを推奨します。

そういった点では少し高いとはいえフロロカーボンラインはキズが付きにくく劣化スピードがナイロンラインほど早くないのでコスパは悪くないのではないでしょうか。

 

 

 

ナイロンラインのメリット・デメリット

 

コメント