ベイトタックルしかなくても桧原湖で釣れる?その3

タックル
スポンサーリンク

桧原湖に行ってみよう

前回と前々回では桧原湖においての超定番の釣りである、ライトキャロとダウンショットのタックルをご紹介いたしました。時期によってはこの2タックルでカバーできないことが無いわけではないですがほぼ大丈夫だと思います。

ベイトタックルしかなくても桧原湖は釣れる?

それでは、今回は表題にある問題です。桧原湖に行きたいけれどベイトタックルしか持っていないけれど大丈夫か?ということ…

答えは、「大丈夫です!」

桧原湖のスモールはアベレージサイズが上がってきているという事もあるので、極小のルアーでしか釣れないと言うわけではありません。つまり、ベイトタックルで使用するような大きさのルアーでも普通に釣れます。時期によっては釣りづらくなったり小さいルアーの方が圧倒的に反応が良くなったりする事はありますが、ベイトタックルだけで釣りをしても特に問題はありません。それではベイトタックルで釣るとしたらどんなタックルを持っていけばいいのか?

フットボールジグ用のタックル

桧原湖ではフットボールジグが良く釣れます。もちろんその年によって良い時と良くない時がありますが、私もハイシーズン中はフットボールジグのタックルをボートのデッキの上に常に置いています。桧原湖の定番の釣りと言っていいほど釣れますし、非常に楽しい釣りでもありますので今回は私が使用しているフットボールジグのタックルをご紹介いたします。

ロッド

フットボールジグで使用しているロッドはブラストビーツBBC-68MHです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クオン(Qu-on) ブラストビーツ BBC-68MH 【大型商品】
価格:16946円(税込、送料別) (2020/1/17時点)

フットボールジグで使用するロッドのパワーはミディアムヘビー(MH)がおススメです。ロッドにある程度張りが有るとジグが操作しやすい事と、フッキングも決めやすくなります。

リール・ライン

リールはハイギアのリールがおススメです。フットボールジグはどうしてもバラシが多くなってしまう事やロングキャストをする事が多くなるのでハイギアのリールの方が有効です。ラインはフロロカーボンの8lb~12lbがおススメで、タックルバランスなどを考えてセレクトしましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料4】シマノ リール ’18 アルデバラン MGL 31HG 左
価格:32388円(税込、送料無料) (2020/1/17時点)

ルアー

おススメのフットボールジグはエッグボールジグです。トータルバランスに優れたジグでとても使いやすいのでフットボールジグが初めてと言う方にはとてもおすすめで、カラーは「グリパン×オレンジ」がおすすめ、ウエイトは9g・11gをメインにして7g・14gを状況に応じて使い分けていきます。

トレーラーは、ゲーリー社の4”グラブが最も定番で安定した釣果があります。フォールスピードを若干抑えたい時にはクエイククロー等を使用しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【FECO認定品 ゲーリーヤマモト】エコ4インチグラブ
価格:723円(税込、送料別) (2020/1/17時点)

まとめ

今回ご紹介したフットーボールジグのタックルなら、桧原湖でも良く釣れるフリーリグなども出来るのでベイトタックルしか持ってないと言う方や、ベイトタックルでも釣ってみたいといった方にはとてもおススメです。前回までにご紹介した2タックルに加えて今回の1タックル、計3タックルがあれば桧原湖スモールにかなり近づけると思いますので参考にしていただけたらと思います。

初めての桧原湖に持っていくタックルはコレ!その2
初めての桧原湖に持ってくるタックルはコレ!その1

コメント