ライトキャロのおすすめロッドをご紹介いたします

ブログ
スポンサーリンク

ライトキャロのロッド

 

 

今回はライトキャロのロッドについて解説していきますが、皆さんはライトキャロをやったことがありますか?

桧原湖以外で使う方はあまりないと思いますが、実は野池などでのオカッパリでも有効なリグなので試してみるのも良いと思いますよ。

 

 

ライトキャロのロッドに必要な要素

 

 

ライトキャロのロッドは、ライトキャロの特性によっていくつか必要な要素があります。

 

まずは【長さ】です。

ライトキャロはリーダーを長く取ることが多いリグです。場合によっては1m近く取る人もいるくらい…基本的には50~60センチくらいとればOKです。

ショートリーダーのライトキャロの場合は30センチ前後といったところでしょうか。

 

 

つまり、他のリグと比べて極端に長いリーダーを作るのがライトキャロの特徴で、更に、キャストする際にリグの構造上、シンカーが手前でワームが外側に来るため、非常にキャストがしづらくなります…

 

そこで、リーダーが長いリグをキャストするのに必要になるのが長いロッドです!

 

 

おススメなのは6フィート後半のロッドで、長くても7フィートくらいが扱いやすいです。

 

極端に長いロッドもありますが、そうなるとロッドの自重も重くなるのでキャストする際は良いのですが、その後の操作性の悪さと、ロッドの重さでズル引きしづらくなってしまいます。

 

 

 

 

次にライトキャロのロッドで必要な要素は【ソリッドティップ】です。

なぜソリッドティップなのか?

 

 

ライトキャロの場合はバイトが有っても直ぐに合わせることは少なく、少し送ってやります。

 

つまり、最初にバイトが有った際にバスに違和感を与えずにバイトを取るにはソリッドティップは有効になり、チューブラーのロッドだと、バイトが有った際に反発力が強い為、バスに違和感として伝わってしまい、最悪の場合は咥えたルアーをバスが離してしまいます。

 

 

 

それでは、違和感を与えないなら、オールソリッドのロッドや、チューブラーでもベナベナの柔らかいロッドならいいのではないか?

そう思う方もいると思いますが、ソリッドティップが必要な理由のもう一つが、ソリッド部分より下のチューブラーの部分が必要だからという事なので、その解説をすればベナベナなロッドではなくソリッドティップが必要だと分かると思います。

 

 

 

初めに挙げた通りソリッドティップはバスに対して有効ですが、ティップの下のベリーからバットにかけてのチューブラー部分はライトキャロには必要で、それが何に必要なのかというと、根掛かり回避に必要なのです。

 

 

ライトキャロをするエリアの中で根掛かりが多いのは、ウィードエリアとロックエリアです。

まず、ウィードエリアでは、ウィードを外す際にロッドに反発力があれば、ロッドを立てて軽くほぐしてやればシンカーがウィードから外れてすり抜けてきますし、もしキツめに引っ掛かったとしてもベリーからバットにかけての反発力が強ければ非常に外しやすくなります。

 

 

 

次にロックエリアですが、桧原湖の南エリアは岩が多いので根掛かりは多くなってしましますが、そういった際に柔らかいロッドを使用していると、根掛かりを外そうとロッドで煽ったとしてもロッドが曲がるだけでシンカーは外れません…

 

そんなときもティップだけ柔らかく、その下の部分がある程度反発力がある素材だと岩からシンカーを外しやすくなります。

 

 

まとめ

 

ライトキャロのロッドは上記の様な特徴を持っていますので他のリグのロッドでは代用が難しいとも言えます。

 

逆に、ライトキャロのロッドが他のリグに使えないのか?というと、私はムシ系のルアーで使用しています。 ロッドが長いのでノーシンカーの軽いムシルアーなどを投げる際に飛距離UPが出来るのでおススメですよ。

 

 

桧原湖でのライトキャロのロッドの方さですが、ソリッドティップ部分はUL(ウルトラライト)以上の柔らかいもので、その下の部分はL(ライト)がオーソドックスで使用しやすいです。

 

特にライトキャロはロッドの違いで釣りの快適さが違いますし、釣果にも差が出てしまう釣りなので今回の内容を理解した上でロッド選びの参考にしていただけたらと思います。

 

 

おススメタックルはこちらのリンク記事をご覧ください。

初めての桧原湖に持ってくるタックルはコレ!その1

 

コメント