八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・アフタースポーン編

八郎潟情報
スポンサーリンク

八郎潟を攻略

前回はスポーニングについて書きましたが、ネストの時期までは比較的に釣りやすい事とネストのバスの釣り方は解説したくないのでそこは省略して、今回はネストの時期が終わって回復するまでのアフター(ポスト)スポーンの時期について解説していきます。

 

前回の記事を見ていない方は先に前回の記事をご覧ください。

八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・スポーニング編

 

スポンサーリンク

アフター(ポスト)スポーン期の行動

八郎潟の東部承水路でありがちなのが、三種川が良く釣れるネストの時期が終わると、多くの人がバスを見失う…

これはバスの行動パターンを考えて三種川で釣りをしている人には起こりませんが、釣れているという情報を得て三種川に行っていた人に起こってしまう現象です。

 

こういった事にならないようにするためにも八郎潟のバスの行動パターンをしっかり考えて理解しておかなくてはいけません。

三種川に大量のバスが入るのはスポーニングに適した環境があるからなので、その後は川に止まっている理由もないので川から出ていきますが、三種川から出たバス達はどこへいくのでしょうか?

 

 

アフターから回復するための行動

アフターのバス達は体力を回復するために餌を食います。

全てはこの行動を考えることから始まりますが、どこでどんな餌を食い始めるのか?

スポーニング直後のメスとネストを守ってヘロヘロのオスはどちらも体力を消耗しているのであまり動けません…

 

アフターのバスがベイトフィッシュを追って小魚を食いまくって体力を回復!

そう思っている人は完全に見失います。

 

そもそも動けないくらい疲れているという事は、動きが遅い餌から捕食していくのが普通でしょう。

つまり、動きが遅い魚と甲殻類がメインベイトになるというのがパターンです!

動きの遅い魚はゴリ系で、甲殻類はザリガニやエビです。

 

ここまで分かればパターンは構築しやすいですよね。それとこれらの餌がどこに多いのか?それを考えればアフターのバスの行動が先読みできるので様々な展開が頭に浮かんできます。

それに加えて、初期段階の捕食で体力を回復してきたバス達は次の行動に移りますが、なにか分かりますか?

体力が回復してきたバス達はベイトフィッシュを追い始めます。そうするとまたバスの行動エリアを広げて考えて条件の整ったエリアを絞り込んでいきます。

これがアフターから回復するまでのシーズナルパターンです。

 

実際にどういったポイントをチェックするのか

上記の事を考えれば八郎潟に通っている方なら実際にどこを釣ればいいのかおおよその見当がつくと思いますが、ここからは実際にどこを釣っていけばいいのかを具体的に解説していきます。

 

それでは、最もお手頃で食べやすい餌の甲殻類がどこに多いのか?これを考えてみます。

 

八郎潟で釣りをしていてエビが跳ねるのを見たことがあると思います。バスがボイルしてるな~と思ってみてみるとその先でエビがぴょんぴょん水面を跳ねていたりしますよね?それはどこで見ましたか?

ザリガニに関してはエビほど多く見かけるわけではないですが、こちらも釣りをしているとたまに見かけます。

どちらもそうなのですが、釣り人が見えるところにたまたま一匹だけいるというのは考えづらいので、その周りには見えないけれどたくさんいると考えた方がいいと思います。

 

甲殻類をバスはどこで喰っているのでしょうか?

 

多くの場合は【アシ(水生植物)周り】と【リップラップ+レイダウン・地形変化・アシ】この2か所をチェックすれば出会える確率は上がると思います。

 

まずはアシ周りですが、アシ周りには甲殻類が割と多く居ますので、スポーニングエリアの近くのアシは必ずチェックしておきましょう。アシの奥の激浅なところにも入り込むのもこの時期は多いです。

アシの奥には甲殻類に加えてカエルや虫も居るのでそういった餌も捕食している為、他の人が投げないようなアシの奥の奥にルアーをブチ込んでみるのもいいと思います。

 

次にリップラップ+レイダウン・地形変化・アシについてですが、リップラップの中にはたまにちょっとしたレイダウンがあるポイントや小さな張り出しがあるポイントと、リップラップの上にアシがあるポイントがありますが、そういったリップラップにプラスアルファの要素があるポイントには甲殻類とバスが多くいます。(ちなみにここにはゴリ系の魚も多くいます。)

 

なぜリップラップにプラスアルファが必要か?

餌が豊富というだけでなく、餌を追い込みやすいので捕食がイージーな為そういった複合要素のポイントにバスが集まるのです。体力が無いので、できるだけ消耗せずに捕食したいですからね。

 

それでは【甲殻類などを食べて回復してきたバスのその後の行動は?】

回復したバスの次の行動はわかるかな?

ある程度回復したら更に餌を追い始めるから

ベイトフィッシュの多いポイントに行くのかな?

そうそう!

この時期は小魚を食べてさらなるパワーUPをするんだ。

じゃあどこにベイトフィッシュは多い?

八郎潟だと…

カレント(流れ)があるところとか?

岬とかボディーウォーターが当たるところとか川とかかな?

鋭いね!

ベイトフィッシュも餌が豊富で酸素が多いところに多くいるという事だね。

この時期になると残存湖の方でも釣れ始めるよね!

残存湖の中でも第1ポンプから第3ポンプがある辺りはボディーウォーターに加えて馬場目川の流れも加わっているからベイトフィッシュはすごく豊富になるからね。

大潟橋の北のストレッチも良く釣れるけど

あそこはカーブしてて他場所のリップラップよりも流れが当たってていいってことだね?

そうそう

そうやって考えていけば地図を見ただけで良さそうなポイントが何ヵ所もピックアップ出来るよね。

アフター~回復の行動の考え方さえ分かればバスを見失わずに夏に向かえるね!

 

今回はここまで!次回はアフター~回復のバスをどんなルアーで攻略していくのかをご紹介いたします。

コメント