思い込みは最強のスキル

ブログ
スポンサーリンク

自分の釣りに自信を持つ大切さとはなにか?

自分の釣りに自信がある人と無い人がいるとします。その2人がバス釣りの勝負をしたらどんな結果になるでしょう?

バス釣りにおいて自信が無い人は圧倒的に不利です。

しかし、自信がある人が勝つとも限りません。(自然が相手なので)

スポンサーリンク

自分の釣りに自信を持つ必要性とは?

それでは、自分の釣りに自信がある人と自信が無い人を比較してみます。

自信がある人

自分の釣りに自信があるとはいったいどんな事なのでしょうか?

釣りにおいては人それぞれ自信がある分野があると思います。例えば、キャストに自信があるとか、ライトリグに自信があるとか、ビッグベイトに自信があるとか、アシ撃ちに自信があるとか、ロッドワークに自信があるとか…挙げていけばきりがないのですが、この場合、釣りにおける細かなもの全てに細分化して自身があると言い分ける事が出来ます。

逆に言えば、なぜ自信があるのか?自信を持っている要因は何か?

人それぞれだと思いますが、多くの場合は今まで積み上げてきた経験値からくるのが自信だと思います。

経験が少なかったり、初めてのことに自信を持つことは大変なことだし、果たして自信が持てるのか?

自身が無い人

逆に自信が無い人は、その物事に対して経験値が無い為、不安になってしまい自信が持てません。根拠となる信じれるものが無い為のでこうなってしまいます。

自信が無いまま何かをやることは危険です。例えば、自身が無いのに20フィートのバスボートを運転することを考えてみてください。誰か経験値のある人が一緒に乗っていなければかなり危険な状態になるのは想像がつきます。

つまり、自信をつけるには経験値を積む必要があるという事です。人によってどのくらいの経験値が自信につながるかは個人差があると思うので、初めは誰かにレクチャーしてもらった方が早く身に付くと思います。

自信がある人は良く釣れる

バス釣りは他の釣りと比べても特に自信がある無しが釣果に影響すると思います。それは、ブラックバスという一魚種に対して釣る方法が無数にある中で釣り人がその中の最善な釣り方をセレクトする必要があるからです。

例えば、初めて行った湖で、プロと初心者が釣りをしたら、どちらが釣れるか?初心者が強運の持ち主か、抜群のセンスを見せない限りプロの方が圧倒的に釣り勝つでしょう。それは、『知識と経験値が高いから=自信をもって釣りをしているから』です。

皆さんも経験があると思いますが、「こんなルアー釣れるの?とか、このルアー結構使っているけど一匹も釣ったことが無いんだよねー」というルアーはいくら投げてもなかなか釣れません。しかし、そのルアーが大好きでいつもたくさん釣っているという人は釣れない人の隣でそのルアーで普通にバスを釣ります。この差って何なのでしょうか?ルアーの動かし方云々だけではなく自信を持って釣りをするとなぜそこまで釣果に差が出るのでしょうか?

実は、この質問はガイド中にもゲスト様から良く受けます。上記の現象はそのくらい良くあることなのです。自身をもってルアーを使っている人の方が釣れるというのは皆さんも経験で分かるのですが、なぜそんなに違うのか?理由は『集中力』です。

集中力とはどんなものか?

集中力=想像力

バス釣りにおいて集中力はかなり大きなウエイトを占めていると思います。

キャストしたルアーが今どこにあって、どんな動きをしていて、バスはどのポジションにいて、どこで食わせるのか等々…そんな事を想像しながらルアーを動かしてきます。そして、食わせるポイントではいつ喰ってきてもいいようにフッキングのこともイメージしていきます。どの角度で、どのタイミングで、どのくらいの力でフッキングするかをイメージしますが、これらは半信半疑ではうまくいきません。バイトが出る事をイメージして身構えているのと、なんとなくルアーを動かしている最中に急にバイトがあるのとではその後の対応が全然違います。つまりバイトが出る前段階からしっかりイメージで来ているかでも釣れる魚の数も大きく変わってきてしまうという事です。

水中をイメージして釣りをするのには集中力が必要で、その集中力は自信から来ていると私は考えています。

集中力=自信

自信がある釣りは集中できます。

例えば、ビッグベイトが得意な人は、この条件ならあのポイントで食わせることができる!と自信をもって釣りをします。なのでキャストからキャッチまでかなりの集中力で釣りをしますが、ビッグベイトで釣ったことが無い人は食わせるポイントが分からずなんとなく投げて動かします。初めは集中していたとしてもこの状態では長く集中することは難しいでしょう。これが釣果に繋がるという事なのです。

前にも書きましたがバス釣りは状況に合わせたルアーセレクトが必要です。つまり、自信があって得意な釣りがいつも通用するとは限りませんので、少しずつ自信がある釣りを増やしていく必要があります。

実に簡単な方法があるのですが、それは『思い込み』です。

思い込み力

人は思い込みと言う事が出来ます。根拠がない思い込みです。根拠が合ったらそれは自信として武器になりますが、根拠が無くても「このルアー凄く釣れる!」と思い込むことが出来ます。自分ひとりでなくとも、仲間からこのルアー凄く釣れるから使ってみてと言われたとします。この時「ほんとに釣れるのかな?」と思うより「このルアー釣れるんだー!試してみよう」と思った方が釣れます。たとえそのルアーが全然釣れないルアーだったとしても釣れると思い込めば釣れます。他人の経験値が根拠となり自信に替わるからです。

私も様々な場面で思い込みを使います。試合中にどうしても自信が持てない状況などの時は思い込みをフル活用して自分をコントロールしたりもします。

どうしても釣りたい時や自信が持てない時は、根拠が薄くてもそこは気にせずにただ思い込むことで集中力が増していい結果に繋がることがあります。

思い込みのコツは、他のことは考えずにこれが正しいのだと決めてけるのです。それが集中力にも繋がってきます。思い込み中に迷ったらダメですよ。

ライン・フック・シンカーが無ければバイトが増える!?
桧原湖で使うラインは何ポンドが良いのでしょうか

コメント