早春の桧原湖を攻略するならコレを持って行こう!その2

タックル
スポンサーリンク

早春を攻略

前回の記事では低水温期に有効なシャッドのタックルをご紹介いたしましたが、今回ご紹介するのは「ミドスト」です。ミドストは春の定番な釣り方で、簡単に言えばジグヘッドリグを中層をでシェイクする釣り方です。

※ミドストはミッドストローリングの略

早春の桧原湖を攻略するならコレを持って行こう!その1
スポンサーリンク

ミドストに有効なタックルとは

ミドストで最も大切なのはロッドです。ミドストが流行した当初は専用ロッドがいろいろとあったほどですが、現在は専用ロッドは珍しい存在になっています。なぜ専用ロッドが必要なのか?それはミドストの操作方法が特殊だからです。

ロッド

上記で書いたように専用ロッドがあった方が非常に有効な釣り方なのですが、今回は専用ではないけれど非常に使えるロッドをご紹介いたします。

ブラストビーツBBS-511XL₋AS

このロッドはオールソリッドなのでシェイクすると割と全体的に曲がってくれるます。チューブラーやソリッドティップではできない特殊な曲がり方をして、ミドスト専用ロッドほどいい意味でのダルさはないもののミドストには向いているロッドです。専用ロッドは高価なものばかりなので、この価格帯でミドストができるロッドはかなり限られると思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クオン(Qu-on) ブラストビーツ BBS-511XL-AS 【大型商品】
価格:18435円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

リール・ライン

リールはノーマルギアでOKです。一定のリズムでのリーリングが必要な上、早く巻き過ぎるとよくないのでノーマルギアの方が使いやすいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ(SHIMANO) 19ストラディック 2500S 04016
価格:17591円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

ラインはフロロの3lbです。私的にはラインの自重があった方が操作しやすいので3lbがベストです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンライン(SUNLINE) ベーシックFC 300m 3lb/♯0.8 HGクリア
価格:1100円(税込、送料別) (2020/2/1時点)

おススメワーム

私がミドストでよく使うおススメのワームはゲーリー社のレッグワームです。テールがあるので操作感が得られミドスト初心者の方にもわかりやすいと思います。

まとめ

今回紹介したミドストと前回紹介したシャッドの釣りですが、早春の定番な釣りです。その日の状況によってどちらが有効になるのかを見極めることはターンの構築の近道になりますので是非今シーズンチャレンジしてみてください。

おまけ

先日書いたレボMGXシータの記事ですが、ネンイチプロが新たに詳しく書いていますので、気になったいる方は見てみるといいと思います。

桧原湖・八郎潟バスフィッシングガイド 白鳥稔一のブログ
白鳥稔一さんのブログです。最近の記事は「9月13日 桧原湖ガイド『秋爆⁉️10時で50本早上がり⁉️』(画像あり)」です。

コメント