本当に合っていますか?もう一度見直してみよう!バス釣り上達法その7のその2

その他

バス釣り上達法

前回に引き続きタックルバランスについて考えていきます。前回はロッドについて書きましたが、そのロッドに合わせるリールをどのような考えのもとセレクトしたらいいのか?という事を書いていきます。

タックルバランスについて考えてみるリール

リールについてはスピニングとベイトによって考え方が少し違うので別々に書きます

スピニングリール

初めにスピニングリールですが、皆さんはスピニングリールは何番の大きさのものを使っていますか?スピニングの場合はバス釣りにおいての標準サイズが2500番です。なぜ2500番なのかというと、3000番だと大きすぎる為バスロッドにセットしたときにバランスが悪く、非常に重くなってしまいます。逆に1000番だと小さすぎます…小さきなれば軽くなるからいいと思いがちですが、リールのハンドルを一回転したときの巻取り量が非常に少なくなります。1000番はトラウトの釣りなどで使われるのですが、投げる距離とロッドの長さが短いので1000番を使用すると丁度良いのです。

そもそもリールの大きさが変わると何が変わるのか?

ハンドルを一回転したときの巻取り量、自重、糸巻量、ドラグ力などです。

上記のことを踏まえると、2500番が良いとされ主流になっています。

(ちなみに私は2000番を使っています。なぜ2000番なのかは書くと長くなるので別で書きます。)

リールにはギア比と言うものがあります。ローギア・ノーマルギア・ハイギアと言った感じです。スピニングの場合はノーマルかハイギアですが、このギア比もタックルバランスに大きな影響を与えます。ギア比が変わると何が変わるのか?それはハンドルを一回転させたときの巻取り量が変わると共に、ハンドルを回す際の負荷が変わってきます。簡単な例を挙げると、自転車を思い出してください。ギアを上げる(ハイギア)と重くなり漕ぐのに力が必要ですが、逆にギアを下げる(ローギア)と非常に軽くなります。これと全く同じ事がリールでも起こりますので、釣り方やルアーに合わせたギア比を選ぶ必要があります。

一見ハイギアの方が良いように見られがちですがどちらも必要です。むしろ私はノーマルギアのリールの方が多く使っているほどです。上記の理由で、繊細な釣りをしているときに巻き重りがすると良くないことが多いので、基本的にはノーマルギアで、ハイギアの方が有効だというときだけハイギアを使用しています。

ベイトリール

ベイトリールの場合はスピニングと違いほとんどの機種がバス用なので大きさはあまり考えなくて大丈夫です。では何の違いを見るのかと言うと、糸巻量とギア比です。

糸巻量はベイトフィネス用のリールですとかなり少ないのですが、ベイトフィネス用のリールに太いラインは巻かない方が良いです。そもそも太いラインはそんなに多くは巻けないのですが、スプールの破損に繋がる可能性もありますのでご注意ください。普通のベイトリールの場合はある程度の糸巻量はあるので問題ないと思います。

次にギア比ですが、原理はスピニングリールと同様なのですが、ベイトの場合はローギア・ノーマルギア・ハイギアそれに加えハイギアよりも高いギア比のものまであります。

一般的にはローギアは巻物用で使うことが多いです。ノーマルギアは汎用性が高く何でもOKな感じで、ハイギアはリトリーブスピードを速くしたい時や遠投をする釣り等に良いです。それよりも高いギア比は限られた状況でなくては使えないので必要だと感じた時のみ使用すば良いと思います。

ロッドとの組み合わせを考える

上記の内容と前回のロッドの内容を組み合わせると、どのロッドにどのリールがマッチするかが見えてくると思います。例えば、グラスコンポジットのロッドにはどんなリールが良いか?とか、アシ撃ちする場合は?ライトキャロの場合は?ダウンショットの場合は?等々、ロッドとリールの組み合わせ方がどんどんイメージ出来てくると思います。

皆さんもお持ちのロッドとリールの組み合わせバランスをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

本当に合っていますか?もう一度見直してみよう!バス釣り上達法その7のその1
バス釣り上達法今回は皆さんがお持ちのタックルについてです。タックルバランスという言葉を聞いたことがあると思いますが一体どういった事なのか?本当の意味を理解できていない方も多いと思いますのでそのタックルバランスについて書いていきたいと思い...
引き出しが少ないから釣れない?バス釣り上達法その6
バス釣り上達法バス釣りはその日の状況に合わせてルアーをセレクトしていきますが、知識や経験が豊富な釣りが上手い人達は適材適所でルアーのタイプやカラーを変えていきます。いわゆる引き出しが多いというやつですね。逆に、引き出しが少ないから釣れな...
皆さんはバス釣りが上手くなりたいですか?その2
バス釣りの上達法前回に引き続きバス釣りの上達法をご紹介していこうと思います。前回は、とにかく釣りまくって、魚を釣るという事、魚を釣る動作を身に付けることが大切だという事をご紹介しましたが、今回は視点を変えて、家の中で出来る方法をご紹介い...

コメント

タイトルとURLをコピーしました