桧原湖でのミドストおススメのワームとジグヘッドはコレ!

タックル
スポンサーリンク

桧原湖でのミドスト

 

今回は桧原湖でのミドストで使用するおススメのワームとジグヘッドをご紹介いたします。

桧原湖でのミドストはバスがワカサギを喰い上げる状況でとても効果的な釣りになりますが、そういった状況は早春によく起こります。

基本的にはワカサギ喰いのバスを狙った釣り方なので、必然と使用するワームもワカサギっぽいものが有効になりますのでそういったものを今回はご紹介していきます。

 

桧原湖でおススメのミドストワーム

 

ゲーリー レッグワーム

 

 

最初にご紹介するのはレッグワーム!

なぜレッグワームを最初にご紹介するのかというと、レッグワームのテール部分がポイントです。

ミドストをこれからチャレンジしてみようという方や、ミドストにあまり慣れていない方、ミドストをやってもあまり良く分からない…という方にはとてもおススメです。

 

ミドストは、ジグヘッドリグの中層シェイクなので、操作感があまり無いです。

つまり、何をやっているのかが分からなかったり、ルアーがどこにあってどんな動きをしているのかがイメージしづらい為、自信が持てずに不安なまま釣りをすることに繋がてしまいます。

 

自信が無い釣りほど釣れない状況は無いので、まずはミドストの感覚を覚えるためにもテールが水を受けて手元にルアーの存在が伝わりやすいワームを使う事がおススメです。

 

レッグワームについてはとても釣れるワームという事は皆さんご存じだと思いますが、ダウンショットリグだけではなくミドストでもよく釣れるワームです。

 

ゲーリーマテリアルなので小ぶりなワームでもある程度の飛距離は出るため軽めのジグヘッドでも使えるので、まずはレッグワームからミドストを始めてみると良いでしょう。

 

 

フィッシュアロー フラッシュJ

 

 

ミドストは基本的にワカサギなどのベイトフィッシュが多いエリアで、そのベイトフィッシュを捕食しているバスを狙うのに有効な釣りなのですが、そうであればワームもベイトフィッシュに似せた方が釣果は期待できるはずですね。

 

そこで有効なワームはフラッシュJで、シルエットやカラーもそうですが、目玉がついているのもポイントです。目玉つきのワームが効果的になる場合もあるので持っておきたいミドスト用ワームの一つですね。

 

ジャクソン デリシャスシャイナー

 

 

 

残念ながらデリシャは廃盤になってしまいましたが、まだ店頭に残っている釣具屋さんもあるようなのでご紹介します。

 

デリシャはハンドポワードのワームなので水中で漂うか浮きます。つまり、一定のレンジをキープするミドストの場合、沈もうとする力が少なくなるのでレンジキープしやすくなります。

それに加え、素材も柔らかくナチュラルに誘えるというのもおススメポイントです。

 

桧原湖でおススメのミドストジグヘッド

 

ケイテック スーパーラウンドジグヘッド

 

 

このジグヘッドは非常に使いやすくとてもバランスのいいジグヘッドです。ワームキーパーの部分が大きすぎないのでワームの形に影響が出ないこととワームへのダメージが少ないのでおススメで、もちろん十分なホールド力はあるので問題ないです。

 

フックについては、刺さりが良いのはもちろんですが、サイズのラインナップが豊富なところがおススメポイントですね。フックサイズに対してヘッドウエイトもしっかり対応したラインナップになっているので桧原湖で使用することを考えればスーパーラウンドジグヘッドはミドストだけでなく出番が多いジグヘッドです。

 

ジャクソン エグジグワッキーヘッド

 

 

エグジグワッキーヘッドの特徴は何と言っても45度アイです。

ラインを結ぶアイの角度を90度ではなく45度にすることによって根掛かりが軽減されます。根掛かりが心配なポイントなどには非常に有効なジグヘッドですのでおススメです。

 

リューギ ヴェスパ

 

 

 

ヴェスパの特徴はアイが縦アイではなく横アイという事です。横アイにすることによってラインの結び目のズレを抑えることが出来るので安定したアクションを出すことが出来ます。

フック自体はTCコートなので抜群の刺さりが武器のジグヘッドです。

 

まとめ

 

ワームもジグヘッドも状況に応じたセッティングが必要になるミドストの釣りですが、組み合わせがたくさんあるので自分に合ったものを見つけてみるのも良いと思います。

 

ちなみに、ジグヘッドの釣りは他のライトリグよりもどうしてもバラシが多くなってしまいます。フックの刺さり等も重要ですが、バレないためにはどうしたらいいのか?そういった事を考えてトータルのタックルバランスを考えてみるのも楽しいと思いますよ。

 

 

 

コメント