桧原湖で乗るマイボートのサイズについて

ブログ
スポンサーリンク

桧原湖でベストなボートサイズとは?

 

今回は、マイボートを所有して桧原湖でバス釣りをするのにおいてボートの大きさはどれくらいのサイズが最も適しているのでしょうか?

 

私の経験としては12フィートのアルミボートから始まり17フィート→19フィート→18フィート→20フィートのバスボートと乗り継いできています。

早稲沢キャンプ場のレンタルボートで11フィートと13フィートのボートでも釣りをしているのでほとんどのサイズのボートに乗って釣りをした経験から今回は考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

複数人でワイワイ桧原湖を楽しむなら

 

まずは何人かで釣りをする場合ですが、やはり大きいボートの方が釣りはしやすくなります。

 

2人で釣りをする場合ですと、12フィートのアルミボートでも楽しめますが、ボートの静止安定性が低いので釣りがしやすいと言う訳ではありません。13フィートのFRPボートなら静止安定性も一気にアップするのでかなり釣りをしやすくなるのでおススメです。

 

13フィートのFRPボートの難点は、安定性はあっても13フィートなので狭いという事、タックルをたくさん乗せて釣りをしたいという方は17フィート以上のバスボートだとストレージも多くなりタックルを置くスペースも広くなるのでがおススメです。

 

次に3人で釣りをする場合ですが、大きいバスボートだと快適なので20フィート以上か、最低でも18フィートは必要ですね。

アルミボートでも定員が3人なので3人乗って釣りができますが、狭くてストレス…ロッドの破損に繋がる可能性もあるので小さなボートで3人で釣りをするのはおススメできません。

 

次に4人でするをする場合は、20フィート以上無いとかなりキツいですね。そもそも4人でボートに乗っての釣りとなると一番後ろの人が釣れないのでは?と思うでしょうが、桧原湖の場合はボートを流しながらの釣りだけではなく沖の釣りがあるので4人での釣りが成立する湖なので大丈夫です。

しかし、大人4人となると20フィートのバスボートでも少し窮屈になるので、2艇に2人ずつの方が快適に楽しめるでしょう。

 

1人で桧原湖を楽しむなら

 

1人で桧原湖を楽しむならどれくらいのボートが必要なのか?

 

個人的な見解としては12フィートのアルミボートで十分楽しめます!

【12フィートのアルミボートの利点】

★湖上での取り回しが良い
★シャローに入り込める

★1人分のタックルなら十分置くスペースがある
★操船が楽
★ボートの揚げ降ろしが楽
★牽引が楽
★大きい牽引車が不要
★桧原湖の大きさの湖なら移動がそれほど苦にならない
★維持費が安い
★中古艇の価格が安い
★カートップも可能
★自分仕様に作り替えるのが簡単
★エンジンも大型のものと比べ壊れにくい
★トレーラー車検を受ける時楽

 

12フィートのアルミボートの利点をパッと思いついたのを挙げて見ましたが、かなり便利なボートだという事が分かると思います。

 

これが、八郎潟や霞ヶ浦の様は大きな湖になるとバスボートの方がおススメ!となるのですが、桧原湖の様な大きくない湖になると荒れて戻ってこれなくなることがほとんど無いのでアルミボートでも問題ないと思います。(アルミボートが危ないと思うのは台風の時くらいなので年に数回程度です。)

 

ちなみに、12フィートのアルミボートのステップアップとしておススメなのは13フィートのFRPボートですね。14フィートのアルミボートはステアリング艇だとデッキが思ったよりも狭くなるのであまりおススメできません。(操船は楽なので荒れる湖にはおすすめ)

 

13フィートのFRPボートはアルミボートに比べ、走破性と静止安定性に優れる為かなり快適に釣りができます。

【13フィートのFRPボートの利点】

★走破性が高い
★静止安定性が高い
★湖上での取り回しが良い
★シャローに入り込める

★1人分のタックルなら十分置くスペースがある
★操船が楽
★牽引が楽
★大きい牽引車が不要
★桧原湖の大きさの湖なら移動がそれほど苦にならない
★維持費が安い
★エンジンも大型のものと比べ壊れにく
★アルミボートより見た目がカッコいい

 

バスボートにも多くの利点がありますが日本の道路事情や湖の大きさを考えるとアルミボートや13フィートのFRPボートが所有していても苦にならないサイズだと思います。

 

バスボートに関する記事はコチラをご覧ください。

マイボートへの道

 

コメント