魅力満載!!12ftのアルミボートは 利点があり過ぎる!?後編

ブログ
スポンサーリンク

12フィートのアルミボートの利点を解説

 

前回から12フィートのアルミボートはいろいろな利点があるので、その利点について解説していましたが、今回はその続きを書いていきます。

 

【12フィートのアルミボートの利点】

★湖上での取り回しが良い
★シャローに入り込める
★1人分のタックルなら十分置くスペースがある
★操船が楽
★ボートの揚げ降ろしが楽
★牽引が楽
★大きい牽引車が不要
★桧原湖の大きさの湖なら移動がそれほど苦にならない
★維持費が安い
★中古艇の価格が安い
★カートップも可能
★自分仕様に作り替えるのが簡単
★エンジンも大型のものと比べ壊れにくい
★トレーラー車検を受ける時楽

 

前回は上記した利点のうち上半分(緑の文字)のところまで解説しましたので今回はその下半分(オレンジの文字)を解説していきます。

 

スポンサーリンク

桧原湖の大きさの湖なら移動がそれほど苦にならない・維持費が安い

 

まずは、アルミボートとバスボートの大きな違いの一つでもある移動スピードについてです。大きな湖の場合は移動のスピードの違いが釣りの時間に大きな影響が現れますが、桧原湖くらいの規模の湖なら大移動を繰り返さない限りアルミボートでも十分な釣り時間が確保されます。

もちろんバスボートの方が断然速いのですが、無駄な移動をしなければアルミボートの方がかなり不利…とは言えないと思います。

 

つぎに維持費が安いという点ですが、過去にアルミボートの維持費について書いた記事があるのでそちらをご覧ください。

アルミボートで一日釣りをした場合の費用は5,000円以下になりますので、車のガソリン代や食事代を含めても休日に遊ぶ趣味としては物凄くお金のかかる趣味ではないという事ですね。

マイボートを維持する

 

ちなみに、私がアルミボートを所有していた頃の保管場所は、当時アパート暮らしをしていたのですが、アパート駐車場に置いていました。

車を置く駐車場に加えてもう一台分契約して、そこにアルミボートを置いていましたが、12フィートのアルミボートのトレーラーの長さなら普通車の長さとさほど変わりないので普通に置けていました。

自分の家などで保管場所が確保できない場合は駐車場代が維持費にプラスされることになりますね。

中古艇の価格が安い・カートップも可能

 

12フィートのアルミボートの中古艇の価格ですが、購入方法にもよるので一概には言えませんが予算が30万円くらいあれば買えると思っていいでしょう。装備がしっかりしていて綺麗なボートが欲しければ値段は上がりますが、船体とエンジンさえしっかりしていればデッキや装備は購入後に自分でカスタマズが可能なのもアルミボートの良いところです。

購入方法などを解説した過去記事がありますので詳しくはコチラをご覧ください。

マイボートへの道

 

つぎに、カートップも可能という事ですが、12フィートのアルミボートはトレーラーではなく車の上にボートを載せて運ぶカートップが可能です(船体が重くて可能ですに向かないアルミボートもある)。

 

カートップにすることの利点は、維持費を更に下げる事が出来るという事です。トレーラーが無いという事は、トレーラー車検代とトレーラーの自動車税が無いのでボートの船舶検査が3年に1回かかるだけです。

また、高速道路を利用する場合は普通車扱いになります(トレーラーは中型車)。

 

しかし、維持費が下がる代わりにボートを車の上に載せる手間と時間と体力が掛かってしまいます。エンジンやエレキなどを毎回取り付け、取り外しをするのは大変ですが維持費を抑えたい方にはおすすめです。

 

自分仕様に作り替えるのが簡単・エンジンも大型のものと比べ壊れにくい

 

アルミボートの場合は作りが非常に単純なので日曜大工感覚でボートをカスタマイズできます。カーペットの張替えも簡単ですし、アングルを組み込んでデッキに扉を付けてストレージを作ることも簡単にできます。

エレキの取り付けや魚探の配線なんかも簡単にできますので、自分仕様に作り替えて快適なマイボートを作ることが出来るので大きいおもちゃ感覚なのがアルミボートの良いところですね。

 

エンジンについてですが、ボートのエンジンは良く壊れるというのは聞いたことがあると思います。そのエンジンを大きな馬力のエンジンと12フィートのアルミボートで使う10馬力程度のエンジンで比べた場合、小さなエンジンの方が故障が少ないです。もちろん個体差があったり、中古のエンジンの場合は必ずそうだと言う訳ではないですが、私の経験上は馬力が小さいエンジンの方が故障が少なく、例え故障した場合でもパーツ代が安く、修理費も少なく済む場合が多いです。

 

トレーラー車検を受ける時楽

 

トレーラー車検は普通ナンバーですと毎年受ける必要がありますが、結構手間です…トレーラー車検を代行してくれるお店に依頼すると費用が掛かるのでそれを節約するために自分で受けようとした場合、ボートをトレーラーから降ろした状態で車検場にトレーラーを落ち込まなくてはいけません。

つまり、ボートをどこかに浮かべてから車検を受けに行き、戻ってきてボートを積む、という事をやらなくてはいけません。しかし、12フィートのアルミボートは水の上に浮かべる必要がありません!なぜなら、軽いので人力でボートをトレーラーから降ろして船体にダメージが無いところへ置き(木の板などを敷けばOK)車検が終われば人力でボートをトレーラーに戻すことが出来るのです。2人以上でやればより簡単ですが、その気になれば1人でも出来るのが12フィートのアルミボートです。

 

まとめ

 

今回の記事では12フィートのアルミボートの利点を解説してきましたが、非常に自由度が高く楽しめるボートだという事が分かっていただけたと思います。

 

欠点は安定性が低い事と、荒れた時に危険だという事くらいです。

 

そうは言っても、桧原湖だとそんなに荒れることも少ないですし、荒れる予報なら釣りに行くのを控えるか、風裏を探して釣りをしたらいいと思います。安定性が低いという点はある程度慣れますのでご安心ください。(足腰が弱い方や、疲れを最小限にしたいという方はFRPのボートがおすすめです。)

 

 

コメント