ナイロンラインのメリット・デメリット

ブログ
スポンサーリンク

ナイロンラインとは

 

今回は私が過去に釣り具店スタッフとして勤務し、当時ライン担当をしていた頃の経験を基にナイロンラインについて解説していきます。

 

皆さんはナイロンラインを使っていますか?

使っている人も、使っていない人も、ナイロンラインがどんなラインなのかを知ることでライン選びの選択肢の一つになると思います。

 

ナイロンラインのメリットとデメリット

 

 

【メリット】

★しなやか・柔らかい
★伸びる(クッション性が高い)
★比重が低い
★安価
★扱いやすい・トラブルが少ない(ビギナー向け)
★リールの馴染みが良い
★引っ張り強度・結節強度が高い

 

 

【デメリット】

▲伸びる(感度が低い)
▲劣化が早い
▲摩擦に弱い(根ズレに弱い)

 

 

ナイロンラインのメリット

 

しなやか・伸びる・扱いやすい

 

ナイロンラインは他のラインと比べて、しなやかで扱いやすいので、ラインの扱いに慣れていないビギナーの方におススメです。

 

ナイロンラインは伸びるから嫌いだという方もいると思いますが、【伸びる=クッション性の高さ】に繋がっています。

釣りをする際にクッション性が高いことで得られるメリットは【アタリがあった際に魚に違和感を与えにくい】【魚が吸い込みやすくなりノリが良くなる】【アワセ切れの減少】です。

 

 

 

比重

 

ナイロンラインの比重は1.14です(水が1.00)。フロロカーボンは1.78なので、ナイロンラインが比重が低い事が分かります。

比重が低いという事はゆっくり沈むのでこれもナイロンラインの扱いやすさに繋がります。意図しないラインの沈みが無いのでルアーをコントロールしやすくもなります。

この特性がトップウォーター等を使用する際に有効になります。

 

 

リールの馴染みが良い

 

ナイロンラインは柔らかいので、リールにラインを巻いた際に馴染みが良いです。これはライントラブルの減少にも繋がります。

 

フロロカーボンのような硬めのラインはリールへの馴染みが悪く、強めのテンションを掛けた状態でラインを巻く必要があり、軽いルアーを使用した際にトラブルが多いのはこの為です。

 

こういった点でもストレスが少ないのがナイロンラインのメリットと言えます。

 

 

安価

 

 

ナイロンラインは他のラインと比べ、とても安価で購入できるのも特徴で、ブラックバス用なら1,000円以下で購入できるものも多く、釣り人にとってもとてもありがたいラインです。

 

 

 

引っ張り強度・結節強度が高い

 

ナイロンラインは、フロロカーボンラインと比べ、直線引っ張り強度が高く、結節強度(結んだ時)の強度が高いのがメリットです。

 

 

 

ナイロンラインのデメリット

 

伸びる(感度が低い)

 

 

ナイロンラインは使わない!という方の多くは【ナイロンライン=伸びる=感度が低い】という事をデメリットとしてとらえているのではないでしょうか?

 

上記した通りナイロンラインのメリットでもある【伸びる】という特徴は、デメリットにもなってしまいます。

 

アタリがあった際に、それが魚にとって違和感にならずに魚のキャッチ率を上げてくれる一方で、釣り人にとってはラインが伸びることで感度の低下に繋がってしまいます。

伸びることをメリットとして活かすか、デメリットとして捉えるかはナイロンラインを使う釣り人次第で変わります。

 

劣化が早い

 

ナイロンラインは他のラインと比べ吸水性が高いラインです。ラインが水を吸ってしまうのでその影響で他のラインより劣化のスピードが速くなってしまいます。

 

また、紫外線にも弱い性質を持つので、水につけていなくても釣り場に持って行って紫外線に当たてば劣化が進みます。

 

吸水の劣化と、紫外線の劣化の影響でナイロンラインの劣化のスピードは他のラインに比べて早くなってしまいます。

 

 

摩擦に弱い(根ズレに弱い)

 

ナイロンライン自体は摩擦に弱い性質を持っているのでストラクチャー周りの釣りには向いていません。岩や木の枝にラインが擦れる事でライン表面が柔らかく傷が入りやすい特徴があります。

 

一方で、メリットにも挙げたようにナイロンラインは引っ張り強度・結節強度が高いので使用するシチュエーションを考えることが大切だと言えます。

 

元釣具屋スタッフが厳選!おすすめナイロンライン6選

 

 

コメント