八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・アシ撃ち編

八郎潟情報
スポンサーリンク

八郎潟を攻略

前回は八郎潟攻略の春編として、スポーニング直前までの行動についての記事を書きましたが、今回はその中でも少し書いたアシ撃ちについて深堀していこうと思います。

八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・春編
スポンサーリンク

アシ撃ち攻略法

アシの中や周りにバスが多くなるとアシ撃ちの釣りがメインとなりますが、アシ撃ちは皆さん好きですよね?

 

アシ撃ちは割と誰でも釣りやすい釣り方なのでみんな好きだと思います。なぜみんな釣りやすいのか?その理由は簡単で、見えているストラクチャーに対してルアーを入れるから水中をイメージしやすくなる為です。

しかし、この一見誰にでも釣れる?割と簡単なアシ撃ちですが、簡単だからこそ釣果に大きな差が生まれる釣りでもありますので、一体どうしたら釣果をUPさせる事ができるのかを解説していきます。

アシ撃ちで重要なスキル

アシ撃ちで必要なスキルはいくつかあります。

・キャスト精度

・バスのポジションを見極める方法

・リグ&ルアーセレクト

以上のような極当然なスキルですが、最も重要なのはキャスト精度です。

このキャスト精度が釣果に直結することが多いのも事実で、思っている以上にキャスト精度が高い人は少ないと思います。過去に八郎潟で何人もの方を同船させましたが、初めからキャスト精度が高いと思った方は一人もいませんでした…

この記事を読んでいる方で、自分は大丈夫!と思っていても実際はそうではないことが多いのでもう一度キャストについて見つめ直した方が釣果が上がりますよ。

そもそもなぜそんなにキャスト精度が重要なのか?と言うと、バスがストラクチャー(アシ)に対してピタッと身を寄せていることが多い事と、八郎潟が濁っているため捕食行動範囲が狭い事が考えられます。

逆に言うと、八郎潟のバスの特徴として、居れば喰う確率は高めだと思います。そんな状態のバスなのにキャストが決められない歯がゆさ…

(一方で桧原湖はキャスト精度が求められる事が極端に少なくなるので女性や子供でも簡単にバスが釣れます)

 

では、どうやってキャスト精度を上げたらいいのか?これはしっかり考えることが重要です。ただキャストを繰り返していれば上手くなるのならみんな上手いはず…キャストを繰り返して上手くなるのはキャストをしたことが無い初心者だけです。

 

そもそもキャストフォームは正しいのか?

毎キャストごとに投げるポイントをしっかり意識しているか?

そして、修正すべき点や癖があれば改善する意識を持たなくてはキャスト精度は上がりません。

自分でキャストの精度が高くないと思っている方は釣り仲間に見てもらうといいと思います。変な癖がついていることは結構多いです。

最も簡単な改善方法はガイドに乗って教えてもらうことですが、そうは言ってもすべてのガイドがそのスキルを持っているとも限りません…

(桧原湖なら自信をもってお勧めできるガイドさんが何人かいますが、八郎潟のガイドさんと釣りをしたことが無いので何とも言えません…でも、以前ご紹介したシェルターマリンの高橋さんなら大丈夫だと思います)

バスのポジションを見極める

次に「バスのポジションを見極める」ですが、アシ撃ちはコレが出来なくても釣れます…

なぜなら、良さそうなところを手あたり次第撃ちまくれば良いからです(笑)

そんな効率の悪い方法から抜け出す必要がありますし、手あたり次第に撃ちまくるなんてバス釣りの本質から逸れた行為でもあると思います。基本はパターンフィッシングなので、アシ撃ちというパターンをさらに深堀してパターン化していきます。

アシに対してどこのポジションにバスは居るのか?これは以前の記事で水中岬に対してどう釣っていくのか?という事と同じですのでそちらをご覧ください。

八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・ルアー編その2

リグ&ルアーセレクト

バスのポジションが分かったら、そのバスに対して効率的なリグと効果的なルアーをセレクトしていきます。

まずは、バスがどのレンジで餌を食っているのかを考えてみてください。

それがボトムなのか?中層なのか?表層なのか?フォール中なのか?フォールスピードはどれくらいが良いのか?これらが分かればそれに向いているリグがあります。

【例を挙げると】

ボトムで喰っているならラバージグやテキサスリグやネコリグ等。

中層で喰っているならヘビダンやノーシンカーの中層引き等。

表層ならフロッグなどのトップウォータールアーやノーシンカー等。

フォールを意識する場合は、フリーリグやシンカーのウエイトコントロール等で対応できますよね。こういった感じでリグを使い分けていきます。

そこに対して、適切なルアーをセレクトしていきます。それと同時にカラーセレクトも重要です。

このようにして効果的なものを絞り込んでいけば必然的にパターンが見えてくるのが分かるでしょうか?パターンが分かれば、違うエリアの同じような条件のアシを探して釣っていけば自分が考えている通りの釣果が生まれるという事です。

 

今回はここまでで、次回は私が実際に八郎潟のアシ撃ちに使っていたルアーをご紹介いたしますのでお楽しみに!

八郎潟という最高の湖
八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・アシ撃ちルアー編
八郎潟という最高の湖-八郎潟攻略シリーズ・アシ撃ちルアー編その2

 

コメント