初めての桧原湖に持っていくタックルはコレ!その2

その他

桧原湖に行ってみよう

前回に引き続き初めての桧原湖に行ってみたいけれどどんなタックルをもっていけばいいのか分からない…と言う方にお勧めのタックルをご紹介いたします。

安定のダウンショット

桧原湖と言えばライトキャロですが、もう一つ欠かせないライトリグと言えばダウンショットリグですね。ダウンショットなら普段の釣りでも使っている方は多いのではないでしょうか?普段使用しているそのままのダウンショットタックルでも大丈夫ですが、より一層桧原湖スモールに近づけるように私の使用しているおススメのタックルをご紹介いたします。

ロッド

初めての桧原湖にお勧めのロッドはブラストビーツBBS-511XL-ASと言うロッドです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クオン(Qu-on) ブラストビーツ BBS-511XL-AS 【大型商品】
価格:18435円(税込、送料別) (2020/1/16時点)

このロッドはオールソリッドなのですが、桧原湖においてソリッドのロッドは大きなアドバンテージとなります。桧原湖では高感度なものより食い込みを重視した方がミスが少なくなりますのでソリッドのロッドは欠かせません。食い込みが良くバスを掛けた後もロッド全体で曲がってくれてバレにくいのでオールソリッドのロッドがおススメです。オールソリッドのロッド以外ですとソリッドティップのロッドも有効で、初めての桧原湖を想定すると柔らかめのソリッドティップのロッドが良いと思います。

リール・ライン

リールは2500番のノーマルギアがおススメです。ダウンショットの釣りではリールをゆっくり回しながらシェイクする場合があるのでハイギアですとあまり利点が無い為ノーマルギアが良いです。ラインはフロロの3lbかディープ(10m前後)をやる場合に2.5lbと言った感じです。

シンカー

シンカーはダウンショット用のハリス止めタイプがお手軽なのでおすすめです。1.8gをメインに水深や風などの状況に合わせてウエイトを調整してください。しっかりボトムを取れて何をしているのか分かる状態を作ることが大切なので軽すぎるものはおススメしません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZAPPU(ザップ) タングステン ダウンショット 1/16oz
価格:483円(税込、送料別) (2020/1/16時点)

フック・ワーム

フックは基本的にはマス針を使用しますが、立ち木やスタンプ等のストラクチャー周りなどではオフセットフックを使うなどして状況に合わせて使用すると良いです。ワームはその時期によって大きく変わりますが、基本的には3インチ以下のサイズがメインとなります。ボリュームのあるワームが良い時や、細身のワームが良い時などがあるので色々なタイプのワームを準備していくと良いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィナ ファイナルフィネス FF211 FINA 【メール便OK】
価格:293円(税込、送料別) (2020/1/16時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【FECO認定品 ゲーリーヤマモト】エコ2.5インチレッグワーム
価格:861円(税込、送料別) (2020/1/16時点)

まとめ

前回ご紹介したライトキャロと今回ご紹介したダウンショット。この2タックルがあればとりあえず桧原湖スモールは釣れるでしょ!と言ったタックルですので、是非参考にしていただけたらと思います。ちなみに、この2タックルは私がゲスト様にお貸しする頻度の最も高い2タックルです。

初めての桧原湖に持ってくるタックルはコレ!その1
桧原湖に行ってみよう桧原湖に行ってみたいけどどんなタックルを準備して持っていけばいいのか分からないと言う方は結構多いと思います。フワッとしたイメージの中でいろいろな想像をして調べたり、桧原湖に行ったことのある人に聞いたりしているのではな...
バス釣り上達法シリーズ
このページではバス釣りの上達法について書いた記事をまとめてあります。ここで紹介している記事は初心者から中級者の方々に向けて、バス釣りが上手くなりたい!、今までとは違った視点でバス釣を楽しみたい!と言った方々の参考になったらいいな、という思...

コメント

タイトルとURLをコピーしました