桧原湖でのダウンショットおススメのワームとフックはコレ!

タックル
スポンサーリンク

桧原湖でのダウンショット

 

桧原湖でのダウンショットを使う際に一つポイントとなる事があります。

それは、シーズンが進むにつれてワームのサイズを落としていくことが有効になるという事です。

春は割と大きめのワームで釣れますが、夏を過ぎたあたりから小さくて細身のワームへの反応が良くなってくるので、そういった所も踏まえて今回は桧原湖でよく釣れるダウンショットのワームとフックをご紹介致します。

 

スポンサーリンク

桧原湖でおススメのダウンショットワーム

 

OSP ドライブクローラー3.5”

春先に特に有効なのがドライブクローラーのダウンショットです。

フックの掛け方ですが、ワッキー掛けで使用するのでダウンショットワッキー的な感じですね。

ドライブクローラーはフォール時の自発的なアクションが効果的なので、アクション中にも意図的にステイ+フォールを入れて喰わせの間を作ってやります。

 

 

ゲーリー レッグワーム

 

 

ダウンショットと言えばレッグワームという事で、もちろん桧原湖でも非常によく釣れます。

レッグワームは春から秋までシーズンを通して釣れるワームなので、超定番ですが持っておくと、いざという時や困ったときに頼りになるワームですね。

 

ジャクソン デリシャスシャイナー

 

 

デリシャスシャイナーはハンドポワードなのでダウンショットで使用した際に非常に効果的なワームです。

何が効果的なのかというと、ハンドポワードなのでワーム自体が沈まないので、ステイした際にワームが水平位置をキープしてくれることで、釣り人が意図したアクションをしやすく、バスにとっても効果的な姿勢を取ることが可能になります。

 

バークレイ マイクロクローラー 3インチ
ベイトブレス ニードル 2.5インチ

 

 

 

秋になると活躍するのがマイクロクローラーとニードルです。逆に春や夏はこのサイズのワームにはあまり反応が良くないことが多いのですが、秋からシーズンオフまで圧倒的に釣れるワームです。

 

マイクロクローラーは素材が硬めなのでピリピリと動いてくれるイメージです。

一方のニードルは柔らかめなのでフワフワと動く為、マイクロクローラーとニードルを使い分ける事が釣果アップに繋がります。

 

フックの掛け方ですが、ワームの頭に刺すか、ワッキー掛けのどちらでも釣れます。これもその日の状況で効果的な方があるのでどちらも試してみると良いと思います。

 

桧原湖でのおススメフック

 

桧原湖でのダウンショットはフックが根掛かりするようなポイントが少ない為、基本的にマス針を使用します。

 

 

ノガレス デスロックワイド

 

 

デスロックワイドは非常に掛かりが良いフックで、針先が外向きなのが特徴です。普段使用しているフックでバイトがあるのに掛からない…と言った時にこのフックを使うと掛かる!デスロックワイドはそんなフックです。

フックサイズは#2か#3でが使いやすいと思います。小さいフックに慣れていない方は#2がおススメです。

 

 

エンジン スーペリオ MIフック

 

 

スーペリオ MIフックは非常に掛かりが良いだけではなく、掛けた後のバラシが減るフック形状をしているのが特徴です。

 

デスロックワイドも気になるほどバレる事が多いわけではないのですが、その辺りが気になるという方にはスーペリオ MIフックを使ってみると良いと思います。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介しましたワームとフックは私が現在もメインで使用している実績の高いモノばかりです。

ダウンショットは、ワームやフックだけでなくラインの太さやシンカーの重さ、シェイクの幅やステイの長さやリーダーの長さなど、細かい違いが多く出せるかなり奥が深いリグだと思います。

そういった細かい事へのこだわりで釣果に差が出るのがスモールマウスバスの釣りの楽しいところでもあるので常に考えて突き詰めてみると良いと思います。

 

コメント